プレママ必見!妊娠前から飲むべき葉酸サプリの徹底比較!

意外と知らない!プレママが食事ではなくサプリで葉酸を取るべき理由とは?

意外と知らない!プレママが食事ではなくサプリで葉酸を取るべき理由とは?

 
前回の葉酸の効果に関する記事では、葉酸が二分脊椎症などの赤ちゃんの先天異常のリスクを下げる効果を持っており、それが欧米等の研究結果でもはっきり出ているというお話をさせていただきました。

 

では、葉酸を摂取するにはどうすればよいのか?というのが今回のテーマです。葉酸は野菜にも含まれているので、食事で摂取することも可能なのですが、厚生労働省が推奨しているのは、葉酸サプリによる1日400μgの葉酸摂取なのです。

 

なぜ、一見良さそうな食事による摂取じゃなくて、サプリによる摂取を推奨しているの?って思いますよね?その理由をこれから説明したいと思います。

 

一見よさ気な食事性葉酸に潜む2つの弱点とは?

 
葉酸というのは別名ビタミンB9とも呼ばれる水溶性のビタミンです。水に溶けるので、摂り過ぎても尿で排出されるため、過剰摂取が起こりにくいというメリットはあるのですが、調理でも失われやすいという大きなデメリットもあるのです。

 

例えば、葉酸が多く含まれるお葉物の野菜だと、茹でておひたしを作ることも多いと思うのですが、葉酸は水に溶けやすく、熱に弱いので、このように野菜を調理することで、茹で汁に溶けてしまったり、熱で分解されてしまったりして、かなりの部分が失われてしまうのです。

 

・熱に弱い
・水に溶けてしまう

 

という葉酸の持つ2つの弱点が、食事による葉酸の摂取を難しくしているのです。もちろん、食事では全く葉酸を摂取できない、ということではありませんし、厚生労働省も、食事による1日240μgの葉酸摂取を推奨しているのですが、それとは別に、プレママの方には、赤ちゃんの先天異常のリスク低減のために、確実に決められた量を摂取できる、サプリによる葉酸摂取1日400μgを推奨しているということです。

 

では、葉酸が摂取できるサプリなら、なんでもよいのかというと…実は、ある一つの重要な条件を満たすサプリを選ぶ必要があるのですが、このことに意図的に触れないようにしているサプリ業者さんもいるので、その条件を次のページでこっそり教えようと思います。